はじめに

happyfuture

ママとしての人生

 

『お母さん、あなたの生きがいは、何ですか?』

 

この言葉を、自分が質問された!と思った、子育て中のママ達。

問われて、あなたは、即答できましたか?

 

きっと、多くの方が

 

「生き甲斐というか…今、これが好きかな~」

「まぁ、しいて言うなら〇〇は楽しいかな」

 

なんて、曖昧な表現でなら、自分の

「好きな事」や「こだわり」を、表現しやすいですよね。

 

「子どもの成長が生きがい」と、言う人が居たとします。

 

素敵な事です。

 

素晴らしい事です。

 

親である以上、子どもの成長を願うのは、当然だと思いますし、

 

誕生してから、これほど深く、

人の人生に関わっていける事も、子育てだからこそ。

 

でも、それは

 

あなたの一生涯を通して、毎日取り組む事ですか?

 

子どもの道、あなたの道

 

mamababyオギャーと生まれてくれた、その日から、

 

目の中に入れても痛くない程の可愛い我が子と、

 

 

それはそれは目まぐるしい日々を過ごしていらっしゃる事と思います。

 

時が経つのは早いなぁ。

 

子育てをしながら、そう感じる事も増えたのではないでしょうか。

 

それほど、子どもの成長は著しく、

 

日々を追うだけで、とてつもない満足感や

 

自分の、愛の深さに気付かされる事も多いでしょう。

 

でも、それは

 

あなたの一生涯を通して、毎日取り組む事ですか?

 

嬉しいことに、子ども達はどんどん身も心も成長し

 

ちょっぴり寂しい事に、いつかは成人し、

 

いえ、もしかするとそれまでにも、親元を離れる時もやって来ます。

 

近年、中学や高校から、寮生活を始める子も、

 

男女を問わず、少なくはないような時代になっています。

 

巣立つのはまだ先・・・

 

なんて、安堵していたら、いざ、その時に

 

とてつもない虚無感に、苛まれる事になるかもしれません。

 

実際、あなた自身も、子どもから大人へと、成長する中で、

 

どこかで、親と距離を置き、生きてきたはずです。

 

小さいうちは、手を放さず。大きくなっても、心は離さず。と、

 

昔から言われたりしますが

 

子育ては、本当にそういうものだと、私は3人の育児を通して、実感しています。

 

さて、あなたは、何のために生まれて来たのですか?

 

あなたのこの先の生き方は、

 

 

あなたが、我が子の未来を願うように…

 

同じく、輝いた人生と言えるでしょうか?

 

ちょっと子どもに戻ってみて

 

子どもの人生の隣には、あなた自身の人生の道も、

 

しっかりと見えていて欲しい。私は、そう感じています。

 

冒頭の質問 『お母さん、あなたの生きがいは、何ですか?』

 

これをもう一度、今度は、

あなたが子どもの立場になって

自分のお母さんに、質問してみて下さい。

 

あなたのお母さんは、いったい、何と答えましたか?

 

例えば、あなたがさっき考えたような答えだったとして

 

『あなたを育てる事が生きがいよ』

 

と、言われたとして、

 

それは、もちろん嬉しくもありますが

 

私だったら、、、

ちょっと寂しいような気持ちにもなります。

 

私が19歳の時に、母は他界したのですが、

 

そんな母は、専業主婦で娘4人と、甥っ子を1人、

 

実に5人の子育てをしてきた人でした。

 

しかも、一番上の姉と、末っ子の間は15歳離れ、

 

恐らく、晩年は、ずーっと、子育て期間だったんでは無いかと思います。

 

平均寿命よりは、随分短い生涯を終えた母ですが、

 

「あんた達が大きくなって、手が離れたら、旅行に行きたいね」

 

などと言っていた事を、今もふと、思い出します。

 

長生きが全てでは無いですし、子育ての期間に、幸せを感じていた時間も

 

相当にあったに違いない!と、娘ながらに感じてはいますが

 

母の人生を振り返ると、もうちょっと、自分勝手で良かったんじゃない?

 

なんて、余計なお世話を思ってみたりするのです。

 

<<あなたの価値ある未来へ>>

dream

 

 

 

 

 

人生は、無期限では無く【有期限】

 

限りある時間を、私は、あなた自身も満足して生きてほしいと願います。

 

母である事がすでに、社会的に立派な役割であるにも関わらず、

 

そんなママ達が働こうとする時、社会は決して優しくはない事を、

 

私自身、身をもって知っています。

 

私の周りでも、たくさんのママ達の辛い声を聞いてきました。

  • 小さい子供がいるというだけで、採用を見送られるママ達。
  • 子供が感染症にかかり、出勤できなくなった日には、同僚の嫌がらせを受けるママ達。
  • 産休や育休が取れたはいいが、いざ、復帰しようとすると、悪条件を告げられるという現実。
  • 子供がいるのに、無理して働かなくってもいいのに、という聞こえよがしの悪口が耳に入る毎日。
  • ゆっくりトイレに入ることもできない!そんな日々を過ごしていても、労われることもなく、苦しいことや辛いことに目を向けてしまう毎日。

 

そんなあなたが、変わるための一歩。

 

 

ひとりでは、ちょっと勇気が出なくても

 

ここへ来たら、何かのキッカケを見つけて帰れる。

 

そんなサイトでありたいと思い、始めました。

 

with-MOMサイト名の由来

 

貴方の人生を謳歌し、充実した笑顔は、

 

きっと周りのご家族をも、ハッピーへと誘うはずです。

 

ママの笑顔が、家族を幸せにしているんだ!

 

 

 

-あなたが何者であるかを放棄し、信念を持たずに生きることは、死ぬことよりも悲しい。

若くして、死ぬことよりも-

_ジャンヌ・ダルクの言葉

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【高校~小学生の3児の現役ママ/EC多店舗経営者】 全てのママが、適切な収入を持ち、育児も犠牲にせず、女性としての喜びや生きがいも見出せる。そんな社会であって欲しい。 経験ゼロPC1台で3人目を妊娠中に起業 し3年で年商8桁を超える。モノを変えず売り方を変え売上200倍/モール系ECにて2億5千万点以上の商品の中で総合第1位を連続獲得/ママビジネスをサポートし、会社員月収を超える在宅ワーママを9年間輩出し続ける。 >>詳しいプロフィールはこちら
happyfuture


【ママの悩みはママに聞け!】

・仕事を始めたいけど、何からすればいいのかわからない
・好きな事を収入源にしたいけど、方法が見えない
・起業したいけど、一人でできるの?
・もっと、育児と仕事をうまくこなしたい!
・起業したげと売上が伸びない…

そんな悩みをお持ちのママ。
お気軽にビジネスについてご相談下さい。
個別にメールで、質問への回答をさせて頂きます。

こんな事聞いても大丈夫?なんて質問は無用です。

◆メールを頂いた方よりご感想

「えい!と送信して、気が楽になりました。また、私の悩みを、さらに明確にして頂けた回答に目から鱗でした。ありがとうございます。」

「今の自分に足りない事、最初にすべき事を的確に回答して頂けました。正直、メールで伝わるか不安もありましたが、次のつまづきには、また利用させて頂きます!」

***
個別メールは完全無料です。お気軽にどうぞ♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください