Mayu 物語 其の一

Mayuヒストリーその1

【ひ弱少女がマジで死にかけたハナシ。】

これから少しずつ、私のこれまでの
ストーリーを書き記していこうと思います。

書き起こし、振り返るにつれ
自分でも、どうして今
“女性(ママ)の仕事と収入”に
こだわるのか

どうして、いつも

何かにトライする
パワーがみなぎるのか

答えに繋がるモノが見えた気がします。

+——————————-+

【其の一:幼少期】

私は、公務員の父と、専業主婦の母の間に
4姉妹の3女として生まれました。

生まれつき、虚弱体質で少食でガリガリ。

見た目を裏切ることなく
しっかり小児喘息を持っていました(笑)

小さい頃に、一番覚えている景色は
布団に寝転んで見つめていた天井の模様
かもしれません。

そのぐらい、大袈裟でなく
季節の変わり目を問わず、年中熱を出したり
発作をおこしたりしていて

幼稚園に久しぶりに登園しても
知らない転校生が増えていたり
仲良くしていたお友達が
引っ越していたりするような
ひとりタイムトラベラー気分(笑)
何度か味わっています。

おかげで、うまく人の輪に入れないし
家の中ではひょうきんでお喋りな一面も
あったけど、外では無口でうつむいている
事が多かったです。

そして困ったのが、喘息の発作。

始まると、吸っても吸っても息が吸えない。

子どもとは単純で、本当にこのまま、
私、死んでしまうのかと、、、
夜中に苦しくて目覚めて

家族が寝静まっている中、ずーっと
ひとり、朝まで眠れなかった恐怖を、
今でも覚えています。

+——————————-+

もうひとつ、幼少期のワタシを表す
キーワードが“まじめ”

曲がった事は大キライだったし
先生や親の言うことは、きちんと聞く
いわゆる「良い子」でした。

幼稚園の卒園式の予行練習。先生に、
「証書を貰いに行くのに、前まで
15歩で行くのよ~」
と、言われたら、本番でも
しっかり教えを守り・・・

1、2、3…15歩!!!
その場でお辞儀をして、マイクに顔面を
ぶつけたくらいの、バカ真面目でした(笑)

~嗚呼、痛い思い出~( ;∀;)

+——————————-+

そしてこれもまた、私の痛~い思い出。
それは小学校1年生の時。

あるポカポカした昼下がりの空を覚えて
います。青くてきれいだったなー。

でも、私の心は真っ黒け。
だって、前の日に、お母さんに言われて
しまった。

「あなたは、堕ろすハズの子だったの」と。

いや、“堕ろす”ってそんなん…
1年生、漢字も書けませんし…
言葉の意味も、ようわかりませんし…

なのに、なんでか。。。
「いらん子」って意味か。って。
わかったんですよね。

ニコニコきれいで優しかったお母さんの
“真顔”は、それだけでも
破壊力バツグン。

ワタシ、何か答えたのかなー。
未だに思い出せません。

でも、覚えているのは、翌日の青い空を
見ながら、自宅の2階から飛び降りて
しまおう、と思ったコト。

あ、安心して下さい^^
未遂だから、こうやって今、生きてます(笑)

~そんな、ココロが痛~い思い出~

+——————————-+

大人になり、私は、そんな事を言った
いや、たぶん“言ってしまった”
母のことを、これっぽっちも責める気は
ありません。

むしろ、大変だったんだね、って
ナデナデしてあげたい。

まぁ、だってね。どんな経緯であれ
今、私は、ここに居るからです。
素直に、父と母には、感謝しか無いです。

続きはまた明日・・・☆

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【高校~小学生の3児の現役ママ/EC多店舗経営者】 全てのママが、適切な収入を持ち、育児も犠牲にせず、女性としての喜びや生きがいも見出せる。そんな社会であって欲しい。 経験ゼロPC1台で3人目を妊娠中に起業 し3年で年商8桁を超える。モノを変えず売り方を変え売上200倍/モール系ECにて2億5千万点以上の商品の中で総合第1位を連続獲得/ママビジネスをサポートし、会社員月収を超える在宅ワーママを9年間輩出し続ける。 >>詳しいプロフィールはこちら
まついまゆ

最新記事 by まついまゆ (全て見る)

Mayuヒストリーその1


【ママの悩みはママに聞け!】

・仕事を始めたいけど、何からすればいいのかわからない
・好きな事を収入源にしたいけど、方法が見えない
・起業したいけど、一人でできるの?
・もっと、育児と仕事をうまくこなしたい!
・起業したげと売上が伸びない…

そんな悩みをお持ちのママ。
お気軽にビジネスについてご相談下さい。
個別にメールで、質問への回答をさせて頂きます。

こんな事聞いても大丈夫?なんて質問は無用です。

◆メールを頂いた方よりご感想

「えい!と送信して、気が楽になりました。また、私の悩みを、さらに明確にして頂けた回答に目から鱗でした。ありがとうございます。」

「今の自分に足りない事、最初にすべき事を的確に回答して頂けました。正直、メールで伝わるか不安もありましたが、次のつまづきには、また利用させて頂きます!」

***
個別メールは完全無料です。お気軽にどうぞ♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください