ママの働き方インタビュー | 第1回ネイルサロン経営 Ayuさん

ママの働き方インタビュー第1回ネイルサロン経営Ayuさん
まゆ
どうも、5歳で家出をしたファンキーな経験を持つ!?

ママビジネスプロデューサー、マユです。

さて、あなたの周りに、起業したママって居ますか?

身近に、あなたがやりたい事を経験した人、先を行く人が居ると、

情報も掴みやすく、自分のイメージも、より鮮明になるものです。

と、言う事で

先輩ママに、働き方について、色々聞いてみよう♪

インタビューシリーズでお届けします!

第1回目のゲストママは、ネイルサロン経営者のAyuさんです!

Ayuさんって こんな人
Ayu2012年、2児の母でありながら、ネイルサロンをオープン。
共にネイリストであるママさんと共同経営しながら、現在まで、家事育児と仕事を両立させてきたパワフルウーマン。
ネイル愛がたっぷり詰まったデザインは、若い方~ママ層まで、幅広く支持され、その前向きな姿勢で新技術の勉強も惜しまない。

家に帰ると、ちょっとうっかりママで、実は、子供たちやご主人に心配される事も多いという意外な一面も。

ママにとって、起業のきっかけとは?

まゆ
まず、起業しようと思ったキッカケは何だったのですか?
その時の想い、キッカケになるエピソードがあれば、教えて下さい。
Ayu
私の場合はネイルサロン経営ですが、もともとは、ネイルが好きで始め、頑張って資格を持ちネイリストになり、雇われてサロンで働きはじめました。

でも、働き出したらお給料は安く、ビックリするような時給で…
技術職なのになんで?って思いながらも…ネイルが好きだし、お客様が喜んでくれるのは嬉しくて!

ただ、何人やっても貰える金額はずっと同じ。
ネイリストになるまでも、なってからもお金はかかる。

自分でサロンをやれば、やっただけ儲けが出るし…
子供との時間も取りやすい、休みも自由に・・・と考えるようになり、

そんな時、同じ考えをもつ同僚がいて
働き方が似てるっていうのと、絶対に休まないという安心感のある同僚だったので、やろうと決意しました!

まゆ
なるほど。好きな事を職にできる方ばかりでは無いと思いますが、Ayuさんは、好きな事を職としたのに、思うようにお給料は上がらない、子供との時間も融通は利かない、という狭間で葛藤があったんですね。

そこで、同僚の方と出会った。
それが、一歩踏み出すターニングポイントにも見えますね。

正直、現状の不満、未来への野望があったとしても、1歩動き出すキッカケって必要だと思います。
私は一人でのスタートでしたが、相棒が居たら加速しそうですよね!

1歩踏み出してみて、いざ起業となると、何が大変でしたか?

Ayu
そうなんですよね、1歩動き出すキッカケって大切ですよね。

いざ起業となると、やっぱり不安もありました。
だけど、前に進むしかない。
雇われの身だったら、ネイルを施すにも、限られたデザインや時間なんですね。

自分でやった先は、制限のないデザインが作れる!時間も雇われの時とは違い余裕がある。
やっぱり、やりがいがありました。

私の場合は、共同経営なので、相手の方と、考え方の違いが生じる事もありました。
そこは、私だけじゃなく、お互い苦しい思いをして来たと思います。

でもそれは、初めから想定していた事で、楽しい事ばかりじゃないし…
と、頭ではわかっていても、モヤモヤするような事もあったり。
だけど、今の相方だからやって来れたと思うし、感謝の部分も沢山あります。

好きな事を仕事にするって、こんなにありがたい事はない♪

まゆ
確かに、前に進むしか無い、と割り切る勢いが無いと、最初はきっと誰でも不安ですよね。
共同経営の強みも、意見の食い違った時の悩みも、どちらも経験されたわけですね。

やっぱり、いざ経営者となると、仕事の遣り甲斐は無限に拡大しますよね。

もちろん、全て自分に返ってくる責任も負いますが、達成感や充実感は、雇用されている時には味わえないものだと思います。

そして、雇用されていようと、起業しようと、もちろんぶつかる障壁も悩みもゼロでは無い。
でも好きだから、ここまで続けてこれた、そういう想いを感じます!

Ayuさんのように“好きな事を仕事にしたいけど、起業に踏み切れない”と悩むママ達に、何かアドバイスをするとしたら?

Ayu
ん〜
アドバイスをするとしたら、、、やる前から諦めない!
の一言ですかね(笑)

私なんかにはムリ…(´._.`)と思っている人がほとんどかもしれません。
でも、私も2児の母です!
子供が小さいからなぁ…と最初から諦めないでほしい。

資金もゼロから初めたので、不安もすっごくありましたが、
今では毎月来てくれるお客様も増え、好きなネイルを仕事にし、

お客様の笑顔を見ながら楽しくお仕事ができています!

起業してみてどうなった?

まゆ
ママが起業して、となると、気になる事なんですが、実際に起業してから、子供たちに何か変化などはありましたか?
Ayu
そうですね、子どもとの時間はとっても増えました。
それをどうこう、わざわざ子どもから言われた事は無いんですが(笑)

この時間の使い方は、雇われていた時の立場では決して味わえなかった事。
例えば、学校行事にもたくさん参加できるようになったし、関われる時間が増えた事は、親子共に価値のあるものですね~。

まゆ
それだけでも、十分に価値がある!
そこに悩むママ、それを望むママは、多いと思います。
決められた拘束時間があり、その中でどれだけ仕事を頑張ってやっても、さほど収入は伸びない。

だったら起業は、あらゆる面でチャンスじゃないか?私も、そう考えていましたね。

他に、起業してから、得したな~と感じる事ってありますか?

Ayu
日常的な子どもとの時間以外にも、休みも自分で決められるので、自由が増えました。
やりたいアートデザインを考案したり、お客様に提供するメニューを決める事も本当に楽しい。
結果、仕事にもやりがいが生まれ、相乗効果で、プライベートも充実したと感じます。
まゆ
なるほど!好きな事を仕事にしている、Ayuさんならではのお答えだなーって思います。
ネイルを愛する気持ちが、聞いていてもこちらまで伝わって来ます!

起業に向いているママ、向いていないママ

まゆ
でも、自分で何かやりたいなー、と思っただけでは、何にも変わらないですよね(笑)

例えばAyuさんから見て、起業に向く人、向かない人の特徴はあると思いますか?

Ayu
向かないタイプ・・・確かに、あると思います!

やっぱり自己責任が大きくついてくるので、、、自分の代わりは居ないですからね。
そういった責任をちゃんと自覚する事ができないと駄目ですよね。

まゆ
確かに、責任の大きさは組織の一部という感覚では、やっていけないですよね。

でも、会社務めだったとしても、例えば、休めないし変わりはいない、っていう環境の場合も、存分にあるじゃないですか。

子どもの場合は、熱出したら学校を休ませますけど、

大人は、解熱剤使ったり点滴打ったりしながら、仕事いくこともありますよね

Ayu
ありますね(涙)
まゆ
で、そこでもやっぱり思うんですけど、

雇われててもそうなんだし、だったら、無理をした分も、ちゃんと開花する世界で、無理しようよ、って私は思うんですよ。

あ、無理を勧めるわけじゃないですけどね(笑)

Ayu
確かに!どっちでも大変なんだったら、雇われていたら不満爆発しそう(笑)
まゆ
反対に、成功する人に特徴はあると思いますか?
Ayu
成功しそうな人は、やっぱり行動力がある人ですね。考えてもいても動けなければ一緒だし。
あと、お金が全てじゃないけど、稼ごうという意識が無いと、馬力みたいなものも、うまれないと思います。
まゆ
凄くわかるな~!まっとうに“稼ぐ”はめっちゃ大事。
私も、起業のご相談を受ける際、話してみると、めっちゃしっかり計画されているし、たくさん悩んでいらっしゃるんだな、って感心する方も多いんですけど、それって、会話して初めてわかる事であり、行動して初めて周りに変化をもたらすんですよね。
Ayu
動かないと!
まゆ
動かないとね!そして稼がないと!せっかく起業したんだから!

応援サポーターは絶対近くに居る

まゆ
他に多いお悩みのひとつに、旦那さんのご理解が得られない、というものがあるんですが
Ayuさんの場合は、いかがでしたか?
Ayu
最初に自分のサロンオープンを相談した時の、主人の第一声は、

シンプルに一言。「はぁ?」でしたよ(笑)

まゆ
えーーー、でも何かわかるかも(笑)

多分、びっくりしたんでしょうね、Ayuさんは日頃から考えていた事でも、旦那さんからすれば、初めて耳にした響き。

Ayu
最初はホント、そんなのだったんですよ。

心配されて・・・とにかく心配された。
もちろん、理解を得たかったので、説得を試みました。

だんだんと、サロンオープンの話は進み、その間もずっと、心配そうでしたが、

最終的に背中を押してくれたのは、主人でした。

まゆ
おお~!素敵!
思うんですよ、反論って言うか、それって心配だからこそ、ですよね。

最終的に、自分の想いが伝われば、家族はみんな協力的だと思います。

Ayu
言ってみる、やってみるもんですね(笑)

オープンして、はじめての予約が入った時は、飛び上がるほど嬉しかったんですが
その事に、主人も一緒になって喜んでくれました。

今もそのお客さまには、続けてご来店頂けています。

まゆ
最初の感動って、ずーっと忘れないし、思い出すと初心に帰りますよね。

ご主人は、単純に、お客様が来た事だけじゃなく、

仕事が順調に前に進んで、喜んでいる妻の姿を見て、嬉しくなったんじゃないかな~?

Ayu
そうなのかな?

でも、私、家でもしょっちゅう、お客さんやネイルの事を主人に話しています(笑)

まゆ
うわ!めっちゃ良い環境!

それって、ご主人に話すことが、自分の心の安定剤になってない?

Ayu
凄くなっていると思います!
私、他にも、新しいネイルデザインを考案したら、家族に見せたりするんです。

子どもたちは、だいたい褒めてくれるし、その反応もわかっているんだけど、主人の場合はどうかな?って
男なんですけどね(笑)

よく、作っては見せ、「前見たって~!」と、逃げられています(笑)

まゆ
まるで、ご家族全員が応援サポーターのようですね!

Ayuさんのお仕事を通じて拡がる世界が、お家での光景まで変えている

Ayu
実は、主人がネイルをして欲しいと言って来た事もあったんですよ(笑)

イマドキ世代は、男性のネイルも増えていますが、主人は普段、そんな事は言いそうにもないのに
子どもたちがやってもらってるのを見て、楽しそうに見えたんですかね(笑)

「じゃあ俺もやってみようかな?」と言い出して、足のネイルをちょこっとやってあげました。
UVライトが熱くてとってもビックリしていましたけど(笑)
驚きつつも、楽しんでくれていましたね。

まゆ
Ayuさんのネイル愛が、男性の心までも動かしたんですね!
近くで見ていたら、やっぱり魅力にやられちゃったのかな(笑)
Ayu
最初こそ、あんな一言でスタートしていますが(笑)
なんだかんだ、今は私の仕事を、雇われていた頃より、とても身近に思ってくれていると思います。

継続は力なり

まゆ
起業して、楽しい事は確実に増えますよね。でも、一筋縄じゃいかない事も、ぶつかる壁もあった事と思います。

それでも続けてこられた、一番のモチベーションは何だと思いますか?

Ayu
ただただネイルが好きなので・・・深く考えても、やっぱり好きなんだな。それに尽きますね。
嫌だったら、起業してまでやらないし(笑)
まゆ
好きっていう気持ち、私、これこそが成功への一番の近道だと思います!
例えば特技や趣味に、自分でこれ、と言うものが見つからなかったとしても、

楽しいと感じる事を続けていたら、めっちゃ大好きになっているだろうし、

大好きな気持ちでやり続けたら、それは凄い所に届くんじゃないかって思います。

最後に、Ayuさんの、これからのお仕事の展望も、聞かせてください。

Ayu
そうですね、やるからには、もっと繁盛させたいですね。好きな事で稼いでいけたら、こんなに幸せな事は無い。
この状況に今もとても感謝しています。欲を出せばもっと儲けたい願望もあります。
まゆ
その気持ち、めっちゃ大事ですよね!

例えば、今より良いサービス、今より良い技術を、と上を目指すのであれば、

収益がキッチリ見込めないと、そういった部分の発展もできないですしね。

でも、例えば今もどこかにお勤めになっていたら、そういう儲けようって考え自体、湧いてこないと思うんですよね。

与えられた仕事に対して、自分ってこんなもんって思ってしまいそうだし、

ここまでのモチベーションで、上を目指す事はないと思います。

Ayu
そうそう、そんな気がします。

勤め先での、現状を守るのが大事って思いそうだし。

時給50円とか100円とか上げてもらって、喜ぶような世界。

きっと、そんな枠に収まっているような。

まゆ
まあ営業とか、成果報酬型なら、

ちょっと燃えるかもしれませんが(笑)

基本賃金が定まったお仕事であれば、業界問わず、そんな意識になってしまいそうですね。

収入面も、時間の自由も、仕事のやりがいも、どこをとっても私自身、あらためて起業して良かったと感じる点は多いです。

Ayuさんとお話をしていても、そういったプラスの部分を感じていらっしゃる事に

凄く共感しました!

 

Ayu
私も、同じ想いを感じて話す事ができました!

今はこうして素晴らしい環境で過ごせているので、結果に繋げるためにも、

楽しみながら、しっかり勉強してお客様の笑顔をもっともっと沢山見れる様に、頑張ってネイルを続けて行きたいです!

おまけ♪

まゆ
おまけに、飛び入り参加!
お嬢様にもインタビューしてみたいと思います^^
おまけインタビュー
ママのお仕事をどう思いますか?

「ネイルとってもいいと思う~、かっこいいと思う!」

もし、ママが何か他の仕事をしていたとしたら?

「うーん、、他の仕事より、ネイルが絶対、一番似合ってると思う!」

まゆ
私もそう思う!!^^本日は、貴重なインタビュー、そしてお嬢様もご協力頂き、ありがとうございました!
Ayu_design

Nail Design:Ayu◆平面から立体まで、多様なデザインをこなす。お茶目なキャラデザインは極小サイズなのにキャラクターを完璧に再現している。

 

まとめ

めちゃくちや嬉しい一言を、娘さんから頂いたAyuさん。

普段、そんな事、質問してみた事も無いので、子供の気持ちが聞けて、嬉しかったとおっしゃっていました。

でも、私から見ると、こんなにも素直にお子さんが即答したのって、

お母さんのお仕事を、身近で見て、感じているからだろうなって思います。

そして、好きって言う熱が、お子様にも伝わっている。

最初こそ、不安や反対意見もあったと思いますが、今となっては良い思い出と思えるような、そんな働き方を手に入れたAyuさん。

あなたも、勇気を出して、踏み込んだ先には、こんな未来が待っているかもしれませんよ。

とにかく、始めればいいのだ。

魔法のような始め方など、存在しないのだから。

_アーノルド・ベネット(作家)

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【高校~小学生の3児の現役ママ/EC多店舗経営者】 全てのママが、適切な収入を持ち、育児も犠牲にせず、女性としての喜びや生きがいも見出せる。そんな社会であって欲しい。 経験ゼロPC1台で3人目を妊娠中に起業 し3年で年商8桁を超える。モノを変えず売り方を変え売上200倍/モール系ECにて2億5千万点以上の商品の中で総合第1位を連続獲得/ママビジネスをサポートし、会社員月収を超える在宅ワーママを9年間輩出し続ける。 >>詳しいプロフィールはこちら
ママの働き方インタビュー第1回ネイルサロン経営Ayuさん


【ママの悩みはママに聞け!】

・仕事を始めたいけど、何からすればいいのかわからない
・好きな事を収入源にしたいけど、方法が見えない
・起業したいけど、一人でできるの?
・もっと、育児と仕事をうまくこなしたい!
・起業したげと売上が伸びない…

そんな悩みをお持ちのママ。
お気軽にビジネスについてご相談下さい。
個別にメールで、質問への回答をさせて頂きます。

こんな事聞いても大丈夫?なんて質問は無用です。

◆メールを頂いた方よりご感想

「えい!と送信して、気が楽になりました。また、私の悩みを、さらに明確にして頂けた回答に目から鱗でした。ありがとうございます。」

「今の自分に足りない事、最初にすべき事を的確に回答して頂けました。正直、メールで伝わるか不安もありましたが、次のつまづきには、また利用させて頂きます!」

***
個別メールは完全無料です。お気軽にどうぞ♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください