怖いなら一度ひとりになってみれば?

怖いなら一度ひとりになってみれば?

いじめられた事、覚えてます!
小児喘息で、殆ど通えていなかった
幼稚園時代。

久しぶりに登園しても、誰やねん?
くらいのレベルだったんじゃないかな~、私。
ホントに、ほとんど欠席していました。

幼稚園児のいじめ

で、たま~に、珍しく登園すると
A君とB君が、連携プレーで虐めて
来るのです。

ある時は、クレヨンを隠され
またある時は、椅子から立ち上がれなくされ

二人は目配せしながら、うま~く
先生がこちらを見ていない隙にやるのです。

たまに行っては、そんな環境なので
余計に行くのが嫌になるわけです。

結局、卒園まで続いたのですが
そんな事もあり
幼稚園に全く良い思い出はありませんが

友達たくさん欲しい、なんて
あまり思っていませんでした(笑)

私を強くしてくれた環境のひとつだと
思っています。

+——————————-+

孤立、と言えば、小学生時代も
友達はいつも極少数でしたし

思春期、ヤ〇キー時代wも
それはそれは孤立していましたね。。。

クラスメイトは名前もわからんぐらいに
話すことは無かったですし
同窓会に呼ばれる事すら無いし(笑)

気心知れた友との時間は、今も楽しいですし
そこから得るものもたくさんありますが

独りで集中する時間
昔から大切にしていました。

実りの無い、傷の舐めあいや
マウンティングし合う仮面女子の集団に
何の良さも感じなかったし

孤高な生き方で在りたいな、と
今でも強く思う、私のルーツかもしれません。

依存する人、しない人

ウサギやアルパカは
寂しいと死んじゃうとか言いますが

人もひとりでは生きていけないもの
多くは“誰か”や、“何か”に
依存している事が多いかと。

でも、依存心が強くなると、確実に
対人関係にヒビが入りますよね。

親しい友人であれ、恋人であれ
また、家族であれ

適切な距離を保つ必要はある、と
私は捉えています。

そして多くの人が、独りになるのは怖い、と
思っています。

でも、自立する事は、孤独ではありません。
適度な距離感を保って
人と繋がれているので
寂しいわけでは、ありません。

どうしても、その距離を詰め要りがちな人は
このように考えてみてはいかがでしょうか。

自己信頼のスペシャリスト
哲学者エマソンの考えです。

******************************
周囲の人を、書物を扱うように
取り扱いなさい。
******************************

ようするに、ずーっと手元に置くのでは無く
本棚という客観的に見られる場所に置き

  • 仕事の相談はこの人に
  • 一緒にスポーツを楽しむならこの人
  • 楽しく食事に行くならこの人かな

等と、分類してみると、距離を保って相手を
見る事ができ、依存心が和らぐ、と言う
考え方です。

例え親子間でも、適切な距離は必要だと
思うし、携帯電話や手紙のやり取りまで
見てしまうのは、いかがなものかと思います。

絶対的孤立かのように見えて
あなたは、ちゃんと周りの人と
繋がっているし、必要な時に、必要な本を
手に取ればいい。

そして相手の事も、もうちょっと信頼して。

“自己信頼”が育っている人
相手との距離を取れる人なので
他者へ依存する事は無くなり、

結果、より強固な人間関係を
築けるタイプだと私は思います。

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【高校~小学生の3児の現役ママ/EC多店舗経営者】 全てのママが、適切な収入を持ち、育児も犠牲にせず、女性としての喜びや生きがいも見出せる。そんな社会であって欲しい。 経験ゼロPC1台で3人目を妊娠中に起業 し3年で年商8桁を超える。モノを変えず売り方を変え売上200倍/モール系ECにて2億5千万点以上の商品の中で総合第1位を連続獲得/ゼロからのビジネスをサポートし、コンサルタントとしても1ヵ月で1,500万円を売上、クライアントに23日間の指導で300万円以上の売上達成など、ゼロイチ作りにコミットした活動の幅を広げている。 >>詳しいプロフィールはこちら
怖いなら一度ひとりになってみれば?


【ママの悩みはママに聞け!】

・仕事を始めたいけど、何からすればいいのかわからない
・好きな事を収入源にしたいけど、方法が見えない
・起業したいけど、一人でできるの?
・もっと、育児と仕事をうまくこなしたい!
・起業したげと売上が伸びない…

そんな悩みをお持ちのママ。
お気軽にビジネスについてご相談下さい。
個別にメールで、質問への回答をさせて頂きます。

こんな事聞いても大丈夫?なんて質問は無用です。

◆メールを頂いた方よりご感想

「えい!と送信して、気が楽になりました。また、私の悩みを、さらに明確にして頂けた回答に目から鱗でした。ありがとうございます。」

「今の自分に足りない事、最初にすべき事を的確に回答して頂けました。正直、メールで伝わるか不安もありましたが、次のつまづきには、また利用させて頂きます!」

***
個別メールは完全無料です。お気軽にどうぞ♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください