痴漢の執念とリサーチ力に学ぶ集客

痴漢の執念とリサーチ力に学ぶ集客

私の雇われ時代の悩みのひとつに
“痴漢”
って悩みがありました…(^^;

通勤電車で、とか
帰宅途中に、とか
偶発的な事故のようなものならまだしも

なんで、そんな深刻に悩んだのかというと
“執拗につきまとっていたから”です。

+——————————-+

当時、勤務先があったビルで
休憩のために他フロアへ行ったり
買い物へ行ったりしていたんですが

なんでわかるんだろう??
私、発信機でもつけているかしら?!
と、探したくなるくらい

私が行く先々に、きっかり現れるヒト。

そう、それが痴漢主(ぬし)
(そんな言葉あるんかい?笑)
だったんです。

まず、私より確実に先に、相手がこちらに
気付いているし
巧妙に近寄っては触っていく。

しかも!そんな事に何度も遭遇して
しまうもんだから
不快さと恐怖で、本当に寝込むような
メンタルでした。

なんで、私の行く場所や時間が
わかるんだろう??

当時、今ほどSNSも普及していなかった
ですし、もちろんそんな居場所発信なんて
していません。

私は、考えました。
自分の行動について。

例えば、昼食を食べる時間は
だいたいいつも同じだったし
行く場所も同じ。

休憩するお気に入りの場所とかもあったし
それは、曜日によってタイミングが
決まっていたんです。

そう、恐らく、その“主”は
私の行動パターンを知り尽くしていたの
では無いかと。

そう憶測し、翌日から
一切の行動パターンを変えました。

そして、一度でも遭遇した場所には
二度と行かないようにしました。
それらを徹底して1週間

全く、その“主”を見かけなく

なったんです!

奇跡!・・・では無く(笑)
自分の戦略勝ちだ。と思った瞬間でも
あります。

+——————————-+

で、何が言いたいかと言うとですね(笑)
この時の経験が、ビジネスの現場で
超絶役に立ったんですよー
、って話。

(やっと本題)

前提として

  • 消費はヒトがするもの
  • お金はお客様(人)が払うもの

ですね。

モノやサービスを売る時に
“人”が、心を動かさないかぎり
お金は動かないわけです。

では、次に、人の心を動かすには
どうしたら良いのでしょうか?

それは、

その人と、何らかの形で
“接触”する事です。

まずは接触しないことには
あなたの良い商品も、サービスも
どれだけ良いモノであっても
何の情報も伝えられません。

人に知られることも無く
消失していくだけです。

では、どうやったら“接触”
できるのでしょう?

・・・と、考えていくその過程がですね
すべて、その“主”が行っていたであろう
思考パターンなわけです。

「ターゲット」と「いつ」「どこで」
「接触できるかを考える」

おおおおお、自分で書いていて
思い出してなんか怖くなりましたよー。。。
怖いこうわぁい

ま、でもね、みんなここを
仮説も立てられなーい、とか
何が正解かわかんなーい、とか
投げ出してしまう人、多し。

そして、売れるかもわからない商品を
もくもくと作ったり
ふるう場所も無いのに腕を磨いたり
スキル高めに勤しむ・・・

いや、実に、、、勿体ない。

そんな人に、この“主”のような
執念とリサーチ力があれば・・・
なんて、、妙なアドバイスが浮かんだ
体験を綴ってみました(笑)

ナンノコトヤラ。。。(笑)

しかーし、全てのビジネスに集客は必須。

避けては通れないモノです。

思うように集客できない!
どんな施策をすれば良いのかわからない!

そんな方は、無料でご相談お受け致しますヨ。
お気軽にメッセージをどうぞ^^

▼音声で聴くならこちら!(7分02秒)

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【高校~小学生の3児の現役ママ/EC多店舗経営者】 全てのママが、適切な収入を持ち、育児も犠牲にせず、女性としての喜びや生きがいも見出せる。そんな社会であって欲しい。 経験ゼロPC1台で3人目を妊娠中に起業 し3年で年商8桁を超える。モノを変えず売り方を変え売上200倍/モール系ECにて2億5千万点以上の商品の中で総合第1位を連続獲得/ママビジネスをサポートし、会社員月収を超える在宅ワーママを9年間輩出し続ける。 >>詳しいプロフィールはこちら
まついまゆ

最新記事 by まついまゆ (全て見る)

痴漢の執念とリサーチ力に学ぶ集客


【ママの悩みはママに聞け!】

・仕事を始めたいけど、何からすればいいのかわからない
・好きな事を収入源にしたいけど、方法が見えない
・起業したいけど、一人でできるの?
・もっと、育児と仕事をうまくこなしたい!
・起業したげと売上が伸びない…

そんな悩みをお持ちのママ。
お気軽にビジネスについてご相談下さい。
個別にメールで、質問への回答をさせて頂きます。

こんな事聞いても大丈夫?なんて質問は無用です。

◆メールを頂いた方よりご感想

「えい!と送信して、気が楽になりました。また、私の悩みを、さらに明確にして頂けた回答に目から鱗でした。ありがとうございます。」

「今の自分に足りない事、最初にすべき事を的確に回答して頂けました。正直、メールで伝わるか不安もありましたが、次のつまづきには、また利用させて頂きます!」

***
個別メールは完全無料です。お気軽にどうぞ♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください