あなたの文章を読んでもらう3つの極意

一生懸命、時間をかけて書いたランディングページ。
心を込めて綴った、セールスレター。

毎日、欠かさず書いているメルマガ。
頑張っているSNS発信。

そのどれもが…

「なんで読んでもらえないんだろう…」と、お悩みですか?

なんであなたの文章は無視されちゃうの?

現代人の1日の情報量は“異常”です。
江戸時代の人、一生分の情報を
私たちは、たった1日で得ていると言います。

「そんな人が、フツーの文章に立ち止まりますか?」

無理ですね…

悪気は無く、スルーしてしまいます。

まずは『強い単語』を使う必要があります。

ハッと思わず立ち止まってしまうような。

グッと心を掴まれるような。

「しんどいな、今日」

「ハードだな、今日」

「苦しいな、今日」

「苦痛だな、今日」

「拷問だな、今日」

辛さを表すフレーズだけでも、実に様々な文字で表現ができるし

それぞれに、あなたは、異なる温度感に感じたはずです。

単語の持つ、

『温度』

『強度』

『湿度』

意識して書き換えるだけで、文章の深みがグッと出ます。

それ私!と言わせるテクニック

 

スルーされない文章にするために、もう一つ、大切なこと。

それは

読んだ人に自分に関係のある事と思ってもらう

という事。

自分に関係の無いことを、わざわざ読んで、時間を費やすほど、みんな暇じゃありません。

伝えたい相手に、まず『自分の事』と思ってもらう必要があります。

『女性の皆さんへ』

と、書かれていれば男性は読みませんし

『高齢者の方へ』

と、書かれていれば、自分は若いと思っている人は読みません(笑)

「これ、、え!?私の事??」

「来たー!代弁者!」

こう思わせるフレーズは、なるべく短く、刺さる方が効果的です。

キャッチコピー力がモノを言います。

What to say 何を言うか

How to say どう言うか

が、大事で、この二つを組み合わせて、上手く、読み手に『自分事』と理解させてみましょう。

それだけで、格段に、“読まれる文章” さらに “読みたくなる文章”へと、進化します。

読んだ人が錯覚する3つの魔法

 

では、いったい何を書けば、読み手は“自分事”だと認識した上に、その先も読みたい!と思ってくれるのでしょうか。

とても強力な魔法が3つだけあります。

1.欲望を刺激して、得する事を提示する

人は、自分の損得を無意識に判断しています。
それが自分にとって、得する情報だと感じたら、もっと知りたいと思うのです。

その上、欲望が刺激されたらもう、脳みそはヨダレを垂らし始めます。

2.ニュース性を持たせる

人は“新しいもの”“珍しいもの”を知りたい!という好奇心を常に持っています。
「新発売!」「新商品!」「新製法!」
などとラベリングされたものは、つい、目が行ってしまう経験は無いですか?
好奇心が満たされることで、読み手の興味を惹きつける事ができます。

3.やさしく脅す

人は、得る喜びよりも、失う恐れに過敏に反応します。
「恐怖」「不安」「痛み」という感情が浮かぶと、それを解消したくなり、その可能性がある情報に注意を向けます。
本能的なものです。
但し、あまりにも強すぎる脅しは禁物です。
また、もちろん嘘もいけません。
重い腰をウジウジ根付かせていた人も、しっかり読んで、行動できるよう、あくまでも優しく脅す、という感覚が大切です。

まとめ

とにもかくにも、読まれてナンボ!

まずは、徹底的に、読んでもらう工夫を凝らしてみましょう。

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【2度死にかけ3度目の人生謳歌中♪中卒元ヤン3児のシンママ感情ライティングの専門家】 妊婦起業~10周年|文字で売上200倍|EC2億5千万点の総合第1位|コンサル初月1500万円|著者Amazon2部門1位|0円集客で初月から収益7桁超えクライアント誕生|まゆ学校長|ネコもふの毎日♡。 >>詳しいプロフィールはこちら


今すぐやる!行動体質なあなたになれる不思議な手紙

読んでいたら『マグロのように行動体質になっていた…笑』
毎日、あなたに届く、まついまゆからの手紙。
登録頂くともれなく!★無料プレゼント★
あなたの強みを透視しまっせシート配布中♪
★メルマガ・LINEいずれかにご登録を♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください