米Apple社が売っているのは商品じゃない

たった1行で、売上の“桁”が跳ね上がる・・・

そんな事、実際に。。あるんです!

 

文字のチカラで爆発的に売上を変えた圧倒的事例集vol.1:アップル社

その言葉に、人々は熱狂し
その文字に、人々は魅了される・・・。

世界中のアップルストアに長い行列ができる光景には、もう、特別驚く事も無くなりましたね。

あたり前のように、アップル社の製品は、発売されると同時に、ファンが我先にと押し寄せ、競い、手に入れて喜びます。

では、スマートフォンは、他の機種は無いのか?

音楽プレイヤーも、それしか無いのか?

ノートパソコン = Mac だっけ?

スマートウォッチ、真っ先に発売したのは、アップルなの? ※サムスンやソニーが先です。

それでも人は、Appleを選ぶ理由

他社との圧倒的な違いは、何なのか?

  • 機能が優れまくっている?
  • 価格が違いすぎる?
  • デザインが違いすぎる?

私はAndroid派で、娘はiPhone派なので、双方の特徴やスペックを知っていますが、日常的に使うにあたり、そう大きな差はありません。

それでもみんな、Apple大好き♪

それはズバリ・・・

アップル社は、商品を売っていないからです!

スティーブ・ジョブズの秀逸な戦略

商品を売っていない?
ちょっと、ピンと来ない表現ですね。
付け足します。

「ポケットに1000曲を」 

と、コンパクトでインパクトのあるキャッチコピーは、iPod発売時のもの。
インカムを付けて、ステージの上でスピーチをする姿が、記憶に焼き付いているであろう、ジョブズ氏本人が、新商品発売の際にプレゼンした中で発表されたコピーです。

彼は、ニュースになるフレーズを作り上げる、キャッチコピーの天才だったと思います。

他にも

「世界で最も薄いノートパソコン」 Mac Book Air

「アップルが電話を最発明する」 iPhone

「腕時計を再び創造する」 Apple watch

革命的である匂いを感じさせるフレーズ、端的で約束されたヴィジョンの輝き。

ニュースの見出しに、そのまま使えそうなくらいキャッチーでインパクトがあります。

だから人々は熱狂する

この時代、新しいものと言われても、そう新しくも、そう面白くも無いくらいに、情報刺激をたくさん受け、みんな感覚がマヒしていると思います。

私自身、機械的な情報に触れ続ける仕事でもあるので、自然音、虫の声などに耳を奪われることも多いです。

しかし、そんな過度な情報の渦にも埋もれる事のない、ジョブズの秀逸なコピー達は、まさに、商品では無く、その商品が大衆に訴えかける未来を売っていたのです。

私たち凡人が、そんなイノベーションを起こせるとは、なかなか思えないですが、彼の戦略や視点、色褪せないコピーには、今も尚、学ぶことがたくさんあります。

キャッチコピー、コンセプトは、マーケティング戦略の『命』であり、これが刺さるだけで、売り上げの桁をも変えてしまうのです。

 

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【2度死にかけ3度目の人生謳歌中♪中卒元ヤン3児のシンママ感情ライティングの専門家】 妊婦起業~10周年|文字で売上200倍|EC2億5千万点の総合第1位|コンサル初月1500万円|著者Amazon2部門1位|0円集客で初月から収益7桁超えクライアント誕生|まゆ学校長|ネコもふの毎日♡。 >>詳しいプロフィールはこちら


今すぐやる!行動体質なあなたになれる不思議な手紙

読んでいたら『マグロのように行動体質になっていた…笑』
毎日、あなたに届く、まついまゆからの手紙。
登録頂くともれなく!★無料プレゼント★
あなたの強みを透視しまっせシート配布中♪
★メルマガ・LINEいずれかにご登録を♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください