コピーのイメージでバカ売れを作り続けているダイソンは嘘つきメーカー?

ダイソンは嘘つきメーカー?

非常にわかりやすいベネフィットを、完璧なまでに、伝え、刺さるコピーでヒットを飛ばし続けているダイソン社ですが、あの、耳に残るキャッチコピー、実は嘘つきだった事を、あなたはご存知でしたでしょうか。

ダイソン社製の掃除機に見る名コピー

 

“吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機”

誰もが耳にしたフレーズだと思いますし、「ただひとつ」と言い切る力強さが圧倒的な勝ちフレーズの響きとなっていますよね。

ダイソン社の掃除機に魅了され、買い求める人々の多くが

「吸引力が素晴らしい!」

「びっくりするほど吸い込むんです!」

と、その吸引力のハイパワーっぷりを、こぞって褒めるのです。

しかし、実はダイソン社よりも吸引力の優れた掃除機は、たくさん存在するという事実、ご存知でしたでしょうか?

消費者が自ら騙された??

ナンバーワンの吸引力じゃないのに、ただひとつって言うのはおかしいじゃない!!

お客様の怒りも爆発しますよね。
…爆発?したでしょうか??

いえいえ、こぞって皆さん、素晴らしい!と満足の様子。

ですよね。
ダイソン社は、大きな嘘をついたのでは無く、きちんと正しいことを、コピーの中で表しただけなのです。

 “吸引力の変わらない  ただひとつの掃除機” だと。

 

『吸引力が最も強い』

だなんて、微塵も言っていません。

『吸引力が変わらない』と言っているのです。

一般的に、掃除機は、使用する度に目詰まりなどを起こし、たくさん使えば使うほど、吸引力が下がってしまう、という問題点をカバーした商品だ、という事です。

恐らく、消費者心理としては

「吸引力」 「ただひとつ」

と言う強いキーワードがセットになった印象を持ったのだと推測されます。

扇風機までもが裏切った!?

掃除機のみならず、ヒットを飛ばすダイソン社は、扇風機でも、センセーショナルな、他を圧倒するモデルを打ち出します。

それが、『羽根の無い扇風機』です。

キャッチコピーも、その最大のベネフィットに注目させる

“羽根がない、つまり安心”

たったこれだけの文字で、その全てを見事に『伝えきっている』のです。

コンセプトとコピーの関係は脳と口

どれだけ素晴らしいコンセプトで企画されたものであっても、その全てをズバッっと伝えきる事ができないでいると、消費者の耳には届きませんし、心が動くことも無いです。

キャッチコピーは、それだけ、重要な役割であり、コンセプトが人間の脳内だとしたら、キャッチコピーは、人間の口。

要するに、脳で考えている事を、キチンと、目の前の人に伝えるための口が必要だ、と言う事が言えます。

どれだけ中身が良くとも、コピー次第で、企画が大きく倒れることも、起こってしまうのです。

The following two tabs change content below.
まついまゆ
【2度死にかけ3度目の人生謳歌中♪中卒元ヤン3児のシンママ感情ライティングの専門家】 妊婦起業~10周年|文字で売上200倍|EC2億5千万点の総合第1位|コンサル初月1500万円|著者Amazon2部門1位|0円集客で初月から収益7桁超えクライアント誕生|まゆ学校長|ネコもふの毎日♡。 >>詳しいプロフィールはこちら
ダイソンは嘘つきメーカー?


今すぐやる!行動体質なあなたになれる不思議な手紙

読んでいたら『マグロのように行動体質になっていた…笑』
毎日、あなたに届く、まついまゆからの手紙。
登録頂くともれなく!★無料プレゼント★
あなたの強みを透視しまっせシート配布中♪
★メルマガ・LINEいずれかにご登録を♪


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください